デズログ

いろんなことの記憶の倉庫

【書評】『人工知能の核心」羽生善治

f:id:dezdez_kun:20170717135830j:plain

人間にしかできないことは何か

人工知能が社会進出し始めている。

人間と比べて圧倒的はスピードで物事を処理できるコンピューターがもたらす「何か」は僕らの世界をどう変えるのか。

良くなるような、怖いような。ニュースでもよく流れてくる。

business.nikkeibp.co.jp

そんな漠然とした不安を持つ人にオススメしたい一冊。

人工知能と人間の戦い?

人工知能と人間の戦いといえば、将棋の電脳戦、そして囲碁のAlphaGoじゃないだろうか。特にAlphaGoは人間界のTOP棋士達と次々と倒し、そして引退した。

人間はもう人工知能に叶わないのだろうか。

そうではない、戦う道ではなく共存していく道を考えるべきとこの本で羽生さんは語る。

人工知能はまだまだ万能には程遠い

本の中に人工知能の得意分野、そして人間の得意分野について書かれていた。

人工知能にとある指示を出すと、それをちゃんとこなす。しかし、指示外の事態が起きたとき、人工知能はありとあらゆる選択肢をシュミレーションして時間内に最適解を導き出せないことがあるという。人間は、ありとあらゆる可能性の中から、やるべきでないことを切り捨てて選択肢を絞ることで最優先でやるべきことを感覚的に導き出していくことが出来る。

それがまだ人工知能には出来ないという。

パワープレイで乗り越えるか

人間が五感や過去の経験から、見たことがない・経験したことがない状況でも最適解を導くのに対して、それができない現時点の人工知能でも、ありとあらゆる可能性を分散学習で同時に学ばせることで、最適解に無理やり導くことはできるという。

空気を読めない人工知能でも、空気を読んだような対応ができる。ということに近いかも。

この本は現時点での人工知能の状況を知るに良い本

羽生さんの優しい語り口で、実際に羽生さんが現地に行き、話をし、体感したことがここの書かれている。

初心者でも非常に分かりやすい内容になっていた。この分野に興味があるのであれば、オススメしたい一冊です。

 

人工知能の核心 (NHK出版新書)

人工知能の核心 (NHK出版新書)