デズログ

いろんなことの記憶の倉庫

【画像あり】Google Search Consoleが使えない状況でFetch as Googleをする方法

サイト運営者なら利用必須の「Google Search Console」ですが、その中の優秀な機能として、「Fetch as Google」があります。

サイト更新時や、新規ページ公開後にFetch as Googleを使うと、クローラーを呼ぶことが出来、インデックスを早められるというメリットがあります。

しかし、Google Search Consoleを登録できない環境だと、この優秀な機能も使うことが出来ません。

今回は、Google Search Consoleが使えない環境でFetch as Googleのようにクローリングを依頼方法を紹介します。

なんとモバイルフレンドリーテストを使えば、簡単にできる

f:id:dezdez_kun:20170718162244p:plain

https://search.google.com/test/mobile-friendly

モバイルフレンドリーテストというのは、Googleが作成した、対象ページがモバイルユーザーに最適化されたページになっているかをチェックできるテストツールです。無料ながら、Webマーケターとしては非常に重宝するツールでもあります。

1.クローリングを依頼したいページをテストツールで実行する

f:id:dezdez_kun:20170718162550p:plain

クローリングを依頼したいページをモバイルフレンドリーテストで実行すると、そのページがモバイルフレンドリーかどうかをテスト結果として表示してくれます。

上記は、Yahooのトップページを入力したテスト結果ページの画像です。

さすがYahoo。ちゃんとモバイルフレンドリーですね!

2.テスト結果ページのGoogleに送信ボタンを押す

f:id:dezdez_kun:20170718163023j:plain

テスト結果ページに表示される「このページはモバイルフレンドリーです」の下に小さく、「GOOGLEに送信」というリンクが出てきます。

f:id:dezdez_kun:20170718163047p:plain

このリンクを押すことで、Fetch as Googleを使っていないにも関わらずクローリングを依頼することができます。

 

当然ながら、ベストはGoogle Search Consoleを登録することです。
検索アナリティクスのような、サイトへの流入を増やすための大きなヒントになる機能も使えます。ですので、今回の方法はあくまでも登録ができないときの方法として頭の隅に入れておけばいいんじゃないかなと思います。